IoTもデマンド監視も電気代削減もこれ1台で可能

IoTで電気料金を削減する方法 ワイヤレスIoTクラウドロガーなら可能です

電気ご使用量のお知らせ

電気料金の削減は【電力のピークを監視】することがカギだった!

その電気料金、削減できる可能性あり。

早速ですが御社の電気料金、削減できる可能性があることをご存知でしょうか?

 

 

電力会社等へ支払っている電気代のうち基本料金はじつは使用量に関係なく過去12か月間の最大需要電力=最大デマンド値をもとに決定しています。

 

最大デマンド値を更新するとその後1年間の基本料金が上がってしまうのです。一時期にたくさん電気を使う工場は基本料金が跳ね上がる・・・いったん跳ね上がると、1年間は決して下がらないという仕組み。※デマンド算定方法について詳しくはご契約の各電力会社等にお問合せください

 

つまり、最大デマンド値を更新してしまう前に気づいて電力消費を抑えデマンド値を下げることで年間電気代の削減ができる、ということです。

 

どうやって対策すればいい・・・?

 

しかしやみくもに対策してもその対策がきちんと効果がでているのか、そもそも対策のポイントは間違っていないのか?現状を正確に把握しないままデマンド対策をすすめても無駄に時間をかけるばかりか誤った対策で生産や製造にトラブルを発生させてしまうかもしれませんね。

 

工場全体の消費電力を正確に把握し分析、ただしい対策するための機器がデマンドコントローラーと呼ばれるものなのです。

■ワイヤレスIoTクラウドロガー ホームページ

ワイヤレスIoTクラウドロガー | 豊安工業株式会社 (e-houan.co.jp)

実はデマンドコントローラーだった。知ってました?

デマンドコントローラーの管理画面

デマンドコントローラとは

デマンドコントローラーとは、電力コストの中でも大きな割合を占める空調設備などを自動制御することで消費電力を抑えることができるシステムのことです。

 

HIC豊安工業のワイヤレスIoTクラウドロガーには実は!なんと!デマンドコントローラー機能、デマンド分析機能を搭載しているのです。

 

デマンドコントローラー機能を搭載したワイヤレスIoTクラウドロガーを導入することで、新しい設備の導入や更新をしなくても、電力の無駄を見つけて電気代の削減ができます。


IoTを進めたいけど導入コストがネックで進まない・・・?

電気代削減でIoTの元を取る!?

IoT化によって日々の点検業務などを省力化できるとわかっていても、やはり目先のコストダウンが伴わないと導入のハードル(上司がウンと言わない!?)が高くてIoT化を進められず途方に暮れている方も多いのではないでしょうか?

 

ワイヤレスIoTクラウドロガーのデマンドコントローラー機能なら電気代削減もプラスαしたIoT提案ができます!

 

生産設備のIoT監視はもちろん、デマンドコントローラー機能によって工場全体の電力デマンドの監視と分析、そして機器制御を行うことで電気代の削減ができるようになります。

 

高い電気代に困る男性

ワイヤレスIoTクラウドロガーでデマンドの”超”見える化を実現

ワイヤレスIoTクラウドロガーのデマンド管理画面

クラウドで現状を分析できる

ワイヤレスIoTクラウドロガーは一般的なデマンドコントローラと異なるIoTシステムなのでクラウドで簡単に分析ができます。

 

ワイヤレスIoTクラウドロガーには以下のデマンド分析機能があります。

 

  • 予測デマンド、瞬時電力、警報等はリアルタイム更新
  • データ表示、デマンド分析機能が充実
  • 異常電力の監視
  • データはクラウド保存
  • スマホ、タブレットに完全対応(専用端末が不要)
  • 現場、他拠点、どこからでもエネルギー監視

設備の消費電力も同時計測、同時分析

デマンド監視に加えて、気温、湿度化、エアー、水、モーター電力といった設備やライン毎の消費エネルギーも同時に計測して分析できるので、ワイヤレスIoTクラウドロガーが1台あれば工場全体の詳細なエネルギー監視が可能になり、無駄のないデマンド対策が可能になるのです。

 

■ワイヤレスIoTクラウドロガー ホームページ

ワイヤレスIoTクラウドロガー | 豊安工業株式会社 (e-houan.co.jp)

デマンド分析のためのさまざまな機能

ワイヤレスIoTクラウドロガーのダッシュボード

ダッシュボード

デマンドに関する主要な情報を集約したページで、自動更新されます。

  • 警報表示
  • 瞬時電力
  • 測デマンド
  • 最大需要電力
  • 機器のステータス

など、現状把握に必要な情報を1画面にまとめて表示します。


最大デマンドの発生状況(分析機能)

最大デマンドの発生状況を表示する画面。

発生した日時・最大電力について、度数分布グラフを表示して分析できます。

 

デマンド制御はこれらの上位数件を対象として分析することで発生タイミングの傾向を把握することで対象設備の絞り込みや目標設定、原因対策に活用できます。

 

もちろん、対策効果の確認にも利用できます。

ワイヤレスIoTクラウドロガーの最大デマンド発生状況

ワイヤレスIoTクラウドロガーのデマンド予測

デマンド予測

◯デマンド予測

 

現在の電力からデマンド時限後にはどのくらいの消費電力となっているかを予測表示する機能。

 

この画面でどの程度の負荷をどの時間帯で抑制すれば良いかがわかります。

 

 

 

グラフは1分程度で更新されるので、リアルタイムでさらなる対応が必要かどうか判断できます。


電力グラフ(30秒)

30秒ごとの電力使用量のグラフです。

 

ある日の最大デマンドが発生した10時20分00秒から11時20分00秒までの1時間の電力を把握したい時、30秒単位で電力消費量を保存しているのでさかのぼって簡単に詳細分析することができます。

 

24時間スケールと1時間スケールを用意しており、微小な変化や大きな変化を視覚的に捉えることまで可能です。

 

昼休みの消灯が実行されている、といったことまで見えてきます。

ワイヤレスIoTクラウドロガーの電力グラフ

ワイヤレスIoTクラウドロガーの最大デマンド値グラフ

最大デマンド値グラフ

デマンド判定の単位となる30分ごとの最大需要電力(最大デマンド)を見るグラフです。

 

グラフをクリックするとその時間の詳細データへリンクしているので分析作業が容易になります。

 

 

前日のデマンドを重ねて表示(折れ線グラフ)できるのでデマンド分析に役立ちます。任意の日付のデマンドを重ねて表示することもできます。


■ワイヤレスIoTクラウドロガー ホームページ

ワイヤレスIoTクラウドロガー | 豊安工業株式会社 (e-houan.co.jp)

ワイヤレスIoTクラウドロガーに関するお問合せ

お気軽にお問合せください

製品についてのお問合せやお見積りのご依頼、お打ち合わせのご要望などは以下フォームよりお気軽にお問合せください。

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。